【栄進堂印刷株式会社】| 印刷に恋して一世紀 「いいものを心をこめて」| 茨城県筑西市

  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 沿革・歴史

沿革・歴史

出来事
1912年(大正元年) 下館市丙(根岸町)に石版印刷の栄進堂印刷所を開店
1928年(昭和3年) 下館市甲(大町三丁目・現在地)に移転
1946年(昭和21年) 茨城県紙製品印刷株式会社に合流
1949年(昭和24年) 同会社を買い取り株式会社栄進堂印刷所と改称
1950年(昭和25年) 株式会社を解散して個人経営とする
1953年(昭和28年) 有限会社栄進堂印刷所に社名変更
1957年(昭和32年) 浮き出し式シール印刷機導入
1961年(昭和36年) 写植組版機械の導入
1963年(昭和38年) 西独製ハイデルベルグKORD導入
1970年(昭和45年) 写真製版設備の導入
1973年(昭和48年) 西独製ローランドPARVA導入
1979年(昭和54年) 事務機器・事務用品販売事業を開始
1994年(平成6年) 栄進堂印刷株式会社に社名変更
1995年(平成7年) 電子組版設備導入
1998年(平成10年) イメージセッターを導入 DTP化を促進
2008年(平成20年) CTPシステムを導入

社名の由来

当社初代「藤一郎」は、印刷業開業に際して藤一郎の祖母である「えい」に資金の提供を始め、大変世話になりました。そこで創業に際して店の名前を祖母の名前である「えい」に「栄」の字を宛て、栄え、進むようにと願って栄進堂印刷所という名前にしました。以来約一世紀、同じ商売を続けてられたのは名前の持っていた幸運なのかもしれません。

イラスト 写真

「えい」の娘「むめ」


トップへ戻る